FC2ブログ

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国家賠償の記録


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

被控訴人が「不知ないし否認」した、別訴答弁書の記載内容

2017.08.29(20:13) 4

●●生命★ ←のブログからの続きです。原因不明で管理画面に入れなくなり記事が中断しました。

別訴一審の、「甲1ないし甲6は自署。」「原告は締結事務を任されていた。」は事実誤認です。

別訴被控訴人は、別訴控訴答弁書で、それら一審の事実誤認を認めました。

しかし、国家賠償においての被控訴人は、別訴被控訴人のその主張を、「その余の事実は不知ないし否認」と主張しました。

ですから、控訴審では、別訴答弁書の転写で主張した「その余の事実・・」を、再度、見落とさない(??)ように、「太い赤枠で囲んで強調。」して再提出しました。

ちなみに、原告が良孝の裁判で「平成4年の申込書の署名だけ」を自署と勘違いで証言しました。
しかし、拡大比較すると、明らかに異筆だと認識できます。

また、「当日不在中の自署・・。」は不可能であると、何度も主張したのですが、無視されました。

印鑑は、夫と妻の2つの通帳の共通・共用の銀行印です。
これをきっかけに、別々の銀行印に変更しました。


宣誓書と平成4年の筆跡比較
1頁・国家控訴(甲31) - コピー2頁・国家控訴(甲31)
3頁・国家控訴(甲31)4頁・国家控訴(甲31)5頁・国家控訴(甲31)6頁・国家控訴(甲31)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


国家賠償の記録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<国家賠償上告理由書を提出しました。(平成29年12月13日) | ホームへ | 国家賠償控訴審 原告準備書面(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。