FC2ブログ

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国家賠償の記録


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

裁判官の職権乱用(無権代理人の共用印捺印の証拠は排斥する。)

2018.03.22(19:45) 15

原審の生命保険申込書偽造の争点は、「自署か否か」「当日、良孝在宅か否か」です。

一審の事実認定は、「自署」「締結事務を任されていた」「当日、良孝不在宅」でした。

控訴審で、「控訴人(妻)は締結事務を任されていた。」は事実誤認であると主張しました。

下記は、それに対する原被控訴人(第一生命職員)の答弁です。★クリック→答弁書 4頁(全文)

(主旨 説明関与なしの無権代理人(妻)が共用印を捺印した。)答弁書・4頁 - コピー


下記は、無権代理人の共用印捺印に対する、原控訴審の判断(判決)です。
★クリック→原控訴審判決・5頁(全文)

(主旨 無権代理人の共用印捺印の事実は排斥する。)
啓子・中武控訴・5頁 - コピー - コピー


(下記は、裁判官の職権乱用で排斥した、良孝と啓子の共用印であるという証拠です。)
★クリック→良孝・申込書(全体)★クリック→啓子・申込書(全体)

良孝・平成9年 共用印押印
啓子・平成9年 共用印押印


国家賠償の被上告人(国)は、上記の証拠を「不知ないし否認」しました。
そして、判決では、上告人の主張を「取捨判断、事実認定の不満」と、一括しました。

ちなみに、良孝裁判では、第一生命職員の代筆・印鑑変更(500円の三文判を購入して代印したと認めた。)の双方代理権を認めて、良孝敗訴しました。

一連の裁判の事実認定が支離滅裂すぎて、「権力の腐敗」は、一目瞭然です。

★クリック→この人たち、信用できない——勉強はできても人間はできてません 顔と名前を全員公開!「おかしな判決」を書いた裁判官はこんなにいる


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


国家賠償の記録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<保険会社もあずかり知らない判決理由の「その余の機会の可能性」とは?。 | ホームへ | 裁判官の職権乱用(一審の事実誤認を認めた答弁は排除する。)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。